ノートカバーつくり

連休中に子供とノートカバーを作りました。

仕事場にはよく来ていて、
革を切ったりボンドでくっつけて、いろいろ作ってはいましたが、
ミシンを使ったり、革漉き機を使ったことはありませんでした。
学校もないし、退屈しているかなと思って、
“作ってみる?”って言ったらノートカバを作りたいらしい。
もっと早めにやらせてあげればよかったかな。

まず革の裁断。
これはなかなか難しいので、どの部分を使うかは私が決めました。
型紙を置いて、革に使える銀ペンでその周りを書いていきます。

DSC_0381.JPG

それをちょっと大きめにカットして、書いた線が残らないように裁断します。
左利きなので、革包丁も左用。

DSC_0402.JPG

次は革漉き。
厚みとか、セッティングは私。
足でペダルを踏むと進みます。
その調節が難しい。ちょっと失敗しましたが、まあ大丈夫。

DSC_0404.JPG

内側のパーツにミシンを。
初めてのミシンで、きっと“できない”って言うかと思ったら案外上手。

DSC_0407.JPG

内側のパーツと外側が貼り合わせ。

DSC_0410.JPG

そして周りをミシンで縫っていきます。
“ここで失敗すると大変だよ”ってプレッシャーをかけたんですが、うまくいってしまった。
失敗すると思ったんだけど、、、

DSC_0412.JPG

DSC_0414.JPG

最後に革の断面をきれいに磨いて

DSC_0417.JPG

完成!

DSC_0420.JPG

上手でした(笑)
学校の図工は好きで、手先も器用なほうですが、ここまでうまくいくとは。
本人も大満足だったみたい。
今度は小さいバッグを作るらしい(笑)

子供と一緒になにかやるのはほんとに楽しいですね。
また時間を見つけて製作してみます。
ワークショップみたいなこともいいかもしれませんね。

この記事へのコメント

最近の記事