今年最初の製作

2021年最初の製作はリュック&トート。

DSC_1179.JPG DSC_1181.JPG

はじめからハードなものから作ってしまったことにちょっと後悔。
だってこんなに細かいんだもの。

DSC_1157.JPG

“コバ磨き”も大変。
でも私はやり切りました。自分をほめてあげます(笑)

無事に完成して、さっき発送してしまったので、
手元にはありません。(去年の注文分でした)
ちょっと小さめの方は特注。
高さを3cm短くして製作しました。


お知らせ。
お店のエアコンが新しくなったんです。

DSC_1186.JPG

実はいままでちょっと寒かったんですよね。
数十年前のエアコンだったので、ねぇ。
お陰でとっても快適。
大家さんありがとうございます。

DSC_1159.JPG DSC_1163.JPG

設置途中。
もちろん自分ではできません。業者さんもありがとうございます。

今年は作業もはかどりますよ。

今年もよろしくお願いいたします。

本日(1月5日)より2021年の営業が始まります。
今年もよろしくお願いいたします。

昨年はなかなかheavyな1年でしたが、
今年はいい年になる、なず。
そう信じて製作に勤しもうと思っています。

イベントの出展もありますので、ぜひご来場ください。
(詳細が決定次第ご案内いたします)


昨年は特注などたくさん作ったので、それを。

コントラバスの弓ホルダー。

弓ホルダー②.jpg ホルダー弓.jpg

納品後写真を送っていただきました。ありがとうございます。
実際に装着?すると、なんかかっこいい。
革の色もコントラバスにあっている気がするし、
糸の色もちょっとしたアクセントになっている、ように思います。
ちょっとほめすぎ?
でもとっても喜んでもらえたのでいいんです。

DSC_1053.JPG DSC_1059.JPG DSC_1058.JPG

これは私が撮った写真。
これだけ見るとなにがなんだかわからないですよね。
結構贅沢な作りをしています。
革は栃木レザーのヌメ革、内側はエクセーヌ。
エクセーヌはもう生産していない(だったと思う)ので、
なかなか貴重な素材です。
コバは磨きのみ。
革とエクセーヌの貼り合わせなので、
ちょっと磨きにくいんですが、磨いて、磨いて、紙やすりで削って、磨いて。
きれいに磨けました。

ちなみに、
コントラバスの弓ホルダーは、ジャズの場合によく使うとのこと。
クラシックはあんまり使わない、らしい。
ジャズは指?で演奏することが多く、弓をホルダーに入れる。
クラシックも指を使うことがあるけど、それほど多くないので、
弓を持ったまま演奏する。
だから弓ホルダーはジャズの人に必要。
全て聞いた話です。
間違っていたらすみません。

最近の記事