大変な1週間でした

先週からなんだか大変なことが続いていました。
実は年末から肩が痛くて、結構辛く、
まあそれはなんとかなっていたんですが、
それに加え、腰をやってしまいまして、、、

物干し台の土台を買いにホームセンターへ行って、持ち上げようとして、ギクッと。
久々に腰の痛みを味わっていました。
ここ数年は調子がよかったのに、いやー辛かった。
もうほぼ痛みもなくなり一安心です。
皆さま、お気をつけくださいね。

そして毎年この時期大変なのが、NFL。
レギュラーシーズンが終わり、プレイオフなんです。
一番好きなチームはプレイオフ進出ならずでしたが、
その次に応援しているチーム(選手?)が勝ち残ったんです。
次の試合が今シーズン最後の試合、スーパーボール。

腰の痛みに耐えながら応援していました。
あと1週間、楽しい時間が続きます。


製作は、リュック。
昨年注文をいただき、やっと完成です。
時間がかかってごめんなさい。

DSC_1216.JPG DSC_1219.JPG DSC_1220.JPG

ボディバッグをリュックに変更して製作。色もなかなか。
自転車に乗る時に使うみたいで、これくらい派手なほうがいいみたいです。
そういえば自転車のアイテム?って色使いがカラフルな気がしますね。

DSC_1204.JPG

組み立て前のパーツ。
小さめのパーツが多いんです、この商品は。

DSC_1205.JPG DSC_1209.JPG

ヒモ。
肩パッドの部分です。直線だと背負いにくいのでちょっと曲がってます。

そして外のファスナーの部分。

DSC_1207.JPG DSC_1210.JPG DSC_1212.JPG DSC_1213.JPG

マチ部分のファスナーも曲がってます。
貼るのがとっても難しい。しかも裏地もあるので、裏側がきれいになるように、全集中です。

全集中のお陰できれいに仕上がった、と自画自賛中、です。

修理?

ノートカバーの修理、というか修正?

DSC_1126.JPG

以前特注で製作させていただいたノートカバー。
アロマオイルがついてしまったらしく、凹んでしまって、その部分が固くなっていました。
たぶん、液体がこぼれた?のを拭き取らず、そのままにしてしまったのかな。
すぐに拭き取っていれば凹んでしまうことはなかったのではないか、と想像ですが。
色も抜けてしまったと聞いていたのですが、
私の手元に来た時にはかえって色が濃くなっていた気がしました。

これは今まで経験したことがないことなので、どうしたものか悩みましたが、
とりあえず水。
水できれいにすることから。
水ってかなりきれいになるんですよ。
状況にもよりますが私はほぼ水拭きすることからお手入れを始まます。

やっぱり一番の問題は凹み。
これがなんとかならないと、と思い、今回はお湯で。
お湯の方がより革に水分が浸透するような気がして。

柔らかめの布をお湯で濡らし、凹んだ部分をたたくように、何度も、時間をおいて、何度も。
そうすると固くなっていた部分が若干柔らかくなり、濃くなっていた色も薄く。

DSC_1156.JPG

十分に乾いたら白くなった部分に色を付けます。

DSC_1165.JPG DSC_1167.JPG

最初はとっても目立ちますが、乾いてくると落ち着いてきて、
しかも水拭きすると結構落ち着いてきます。

DSC_1178.JPG

こんな感じ。
これだけ見るとやっぱりわかるんですが、だいぶ良くなった、かな。
あんまりやり過ぎると取り返しがつかなくなることもあるので、
今回はこれくらいで。

はじめてのことでしたが、勉強になりました。
色付けも多少自信?がついたような。
色にもよりますが、基本的な色であれば今後もやってみようと思っています。


今年最初の製作

2021年最初の製作はリュック&トート。

DSC_1179.JPG DSC_1181.JPG

はじめからハードなものから作ってしまったことにちょっと後悔。
だってこんなに細かいんだもの。

DSC_1157.JPG

“コバ磨き”も大変。
でも私はやり切りました。自分をほめてあげます(笑)

無事に完成して、さっき発送してしまったので、
手元にはありません。(去年の注文分でした)
ちょっと小さめの方は特注。
高さを3cm短くして製作しました。


お知らせ。
お店のエアコンが新しくなったんです。

DSC_1186.JPG

実はいままでちょっと寒かったんですよね。
数十年前のエアコンだったので、ねぇ。
お陰でとっても快適。
大家さんありがとうございます。

DSC_1159.JPG DSC_1163.JPG

設置途中。
もちろん自分ではできません。業者さんもありがとうございます。

今年は作業もはかどりますよ。

今年もよろしくお願いいたします。

本日(1月5日)より2021年の営業が始まります。
今年もよろしくお願いいたします。

昨年はなかなかheavyな1年でしたが、
今年はいい年になる、なず。
そう信じて製作に勤しもうと思っています。

イベントの出展もありますので、ぜひご来場ください。
(詳細が決定次第ご案内いたします)


昨年は特注などたくさん作ったので、それを。

コントラバスの弓ホルダー。

弓ホルダー②.jpg ホルダー弓.jpg

納品後写真を送っていただきました。ありがとうございます。
実際に装着?すると、なんかかっこいい。
革の色もコントラバスにあっている気がするし、
糸の色もちょっとしたアクセントになっている、ように思います。
ちょっとほめすぎ?
でもとっても喜んでもらえたのでいいんです。

DSC_1053.JPG DSC_1059.JPG DSC_1058.JPG

これは私が撮った写真。
これだけ見るとなにがなんだかわからないですよね。
結構贅沢な作りをしています。
革は栃木レザーのヌメ革、内側はエクセーヌ。
エクセーヌはもう生産していない(だったと思う)ので、
なかなか貴重な素材です。
コバは磨きのみ。
革とエクセーヌの貼り合わせなので、
ちょっと磨きにくいんですが、磨いて、磨いて、紙やすりで削って、磨いて。
きれいに磨けました。

ちなみに、
コントラバスの弓ホルダーは、ジャズの場合によく使うとのこと。
クラシックはあんまり使わない、らしい。
ジャズは指?で演奏することが多く、弓をホルダーに入れる。
クラシックも指を使うことがあるけど、それほど多くないので、
弓を持ったまま演奏する。
だから弓ホルダーはジャズの人に必要。
全て聞いた話です。
間違っていたらすみません。

最近の記事